社会福祉法人けいわ会
上小田中保育園
トップページ 保育園の紹介 年間行事 保育内容 給食 保健
献立について 食事時間 離乳食について
食育について 延長保育の捕食について 給食献立表
食育について
子どもたちの心身の発達は、どんな環境で生活をして、どう活動するかが重要なカギになります。
一般的に子どもの年齢が低くければ低いほど、体の発達は心の発達に密接に結びついているといわれています。
食育を進める第一歩は、乳幼児期から家庭と集団保育の場で協力して始めることが大切です。それは発育・発達する子どもたちに、食とは何かという基本的な知識と常識を伝えることであり、食べることが人間のからだと心をつくることを、体験を通じて理解させることだからです。
乳幼児期や学童期にたくさんの料理・食材に触れることは、味覚の形成・食への関心、こころの成長にも繋がります。その過程の一つに保育園の給食があり、子どもたちが健やかに成長していってもらいたいと思います。
食育の目標
  1. お腹がすくリズムがもてる子ども
  2. 食べたいもの、好きなものが増える子ども
  3. 一緒に食べたい人がいる子ども
  4. 食事づくり、準備にかかわる子ども
  5. 食べ物を話題にする子ども
活動内容
  1. マナー教室
  2. お手伝い活動
  3. 栄養教室
  4. 調理保育
  5. 旬の食材に触れ合う
アレルギーについて
乳児期は、卵・乳・小麦の3大アレルゲンによる発症率が高いと言われていますが、幼児期また学童期には治っていくケースも多いです。アレルゲンになる食品は栄養価も高く、子どもの成長に必要な食品ですので医師と相談の上、食べられる食品を増やしていきたいものですね。
保育園での対応
医師の診断、指示書の基に、アレルギー食品を除去します。また、他の食品に出来る範囲での代替えをします。
Copyright(c) Since 2014 keiwakai Social Welfare Corporation. All rights reserved