社会福祉法人けいわ会
上小田中保育園
トップページ 保育園の紹介 年間行事 保育内容 給食 保健
健康チェックをしましょう 生活習慣について 子どもの病気について
感染症について 予防接種について 保育園での怪我や事故について
すこやか手帳について 保健行事予定 嘱 託 医
そ の 他 証明書等ダウンロード
感染症について
感染症が疑われる場合
ほかのお子さんへの感染防止の為必ず受診をしてください。
ただし、子どもの状態によっては医師の許可があっても登園できない場合があります。
発熱(平熱よりも1度以上体温が高い場合)
発疹(体にブツブツ)がある
目の異常(目が赤くてかゆがる、目やにがある等)
嘔吐や下痢の症状がある
受診にあたって
受診時、医師に保育園に通っていることを伝え、以下についてご確認ください。
感染性の有無
登園してよいか
園生活上の注意点(戸外遊び、食事など)
登園許可書を必要とする病気
診断された場合は、必ず園に連絡して下さい。登園の際には医師の登園許可書が必要です。
登園許可書用紙は保育園に備えてあります。ここからもダウンロードできます。
身近(家族やその学校・職場等)で感染症にかかった方がいる場合はお知らせください。
感染症にかかった方は送迎を控えましょう。
PDFファイルをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerは無料で配布されておりますので、最新版をダウンロードしてご利用ください。
登園許可書が必要な病気
学校、幼稚園、保育園の登園(校)停止期間は、川崎市医師会として以下の通り統一しています。
  病名 登園(校)停止期間
1 インフルエンザ(様疾患) 発症後5日を経過し、かつ、解熱後3日を経過するまで
2 百日せき 特有の「せき」が消失するまで
または5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
3 麻しん(はしか) 解熱後3日、せき、発しんが軽快するまで
4 風しん(三日はしか) 発しんが消退するまで
5 水痘・帯状疱疹 全発しんが痂皮化するまで
6 流行性耳下腺炎 耳下腺、顎下腺またはは舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好にまで
7 咽頭結膜熱 発熱、咽頭及び結膜の発赤消失後2日を経過するまで
8 流行性角結膜炎 眼の充血、異物感が消失するまで
9 急性出血性結膜炎 眼の充血、異物歓が消失するまで
10 溶連菌感染症 主要症状が消失するまで
または抗菌薬治療を開始して24時間を経過するまで
登園許可意見書は必要ないが、受診の上、注意が必要な病気
病名 感染経路 潜伏期間 登園のめやす
単純疱疹
(ヘルペス)
接触 3〜7日 患部が完全に痂皮化するまで被覆し登園可能
手足口病 糞口
接触
飛沫
2〜7日 発熱がなく、全身状態が良好ならば登園可
伝染性紅斑
(りんご病)
飛沫 1〜2週間 発熱なければ登園可
ヘルパンギーナ 飛沫
糞口
接触
  急性期を過ぎ医師の判断において伝染の恐れがないと認めるまで
マイコプラズマ肺炎 飛沫 2〜3週間 同上
感染性胃腸炎
(ノロ・ロタ・アデノウィルス)
糞口
接触
飛沫
1〜3日 下痢・嘔吐の症状が治まれば登園可
伝染性膿痂疹
(とびひ)
接触 2〜10日 患部を被覆し、登園可
突発性発疹 飛沫
経口
接触
10〜15日 発熱などの症状が治まり医師の判断において 伝染のおそれがないと認めるまで
伝染性軟属腫
(水いぼ)
接触   登園停止の必要なし
アタマジラミ 接触   登園停止の必要なし
感染予防のために
汚れ物は、ビニール袋に入れてお返しいたします。
消毒方法を記載した用紙をつけますので、自宅で消毒をお願いします。
下痢便
おう吐・下痢症状の集団発生時
ロタリックス・ロタテックの接種後1週間
体調不良時のおう吐
Copyright(c) Since 2014 keiwakai Social Welfare Corporation. All rights reserved