社会福祉法人けいわ会
トップページ
保育園の紹介
年間行事
イベント情報
保育内容
給食
保健
入園の手続き
さんぽみち
健康管理 保健行事予定 園児のけが病気について
薬について 賠償保険など 近隣の医療機関
健康カードについて その他 感染症一覧
証明書のダウンロード
感染症一覧
(1) 登園許可意見書が必要な病気
病名 感染経路 潜伏期間 登園停止期間
百日咳 接触、飛沫感染 1〜2週間 特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻疹(はしか) 空気、接触、飛沫感染 10〜12日 解熱後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
接触、飛沫感染 14〜24日 耳下腺、顎下腺、又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
風疹(三日はしか) 飛沫感染 14〜21日 発疹が消失するまで
水痘(水ぼうそう) 接触、空気、飛沫感染 2〜3週間 全ての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱(プール熱) 接触、飛沫感染 5〜6日 主症状の消退した後2日を経過するまで
結核 空気感染 1〜2週間  症状により園医、その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで 
髄膜炎菌性髄膜炎  飛沫感染  2〜10日間  同上 
腸管出血性大腸菌感染症 経口感染  4〜8日間  同上
流行性角結膜炎(はやり目) 接触感染 1週間前後 同上
急性出血性結膜炎 接触感染 24〜36時間 同上
感染性胃腸炎 経口、接触、飛沫感染 ウイルスにより異なる  嘔吐症状軽減し、全身状態改善されるまで
(2) 登園届が必要な病気
病名 感染経路 潜伏期間 登園停止期間
インフルエンザ 接触、飛沫感染 1〜2日 発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後3日を経過するまで
(3) 登園許可意見書は必要ないが、受診の上、注意が必要な病気
病名 感染経路 潜伏期間 登園停止期間
溶連菌感染症 経口、飛沫感染 2〜7日 適切な抗生物質治療開始後、医師の判断において伝染の恐れがないと認めるまで
単純疱疹(ヘルペス) 接触感染 3〜7日 患部が完全に痂皮化するまで被覆し登園可能
手足口病 糞口、接触、飛沫感染 2〜7日 発熱がなく、全身状態が良好ならば登園可
伝染性紅斑(りんご病) 飛沫感染 1〜2週間 発熱なければ登園可
ヘルパンギーナ 飛沫感染
糞口、接触感染
急性期を過ぎ医師の判断において伝染の恐れがないと認めるまで
マイコプラズマ肺炎 飛沫感染 2〜3週間 同上
感染性胃腸炎(ノロ・ロタ・アデノウィルス) 糞口、接触感染
飛沫感染
1〜3日 下痢、嘔吐の症状が治まれば登園可
伝染症膿痂疹(とびひ) 接触感染 2〜10日 患部を被覆し、登園可
突発性発疹 飛沫感染
経口、接触感染
10〜15日 発熱などの症状が治まり医師の判断において伝染のおそれがないと認めるまで
伝染性軟属腫(水いぼ) 接触感染   当園停止の必要なし 
アタマジラミ 接触感染   登園停止の必要なし
Copyright(c) Since 2009 KEIWAKAI Social Welfare Corporation . All rights reserved